オフィスには様々なタイプのものがあり、自社ビルにて従業員の仕事部屋を確保するものもあれば、テナントや賃貸物件、貸事務所などを活用して賄うものもあります。しかし大都市にてこれらのオフィスを確保しようと思えば月々の賃料もかなりの高額に昇ることを覚悟しなくてはなりません。
特に主要駅から徒歩圏内だったり、繁華街の真ん中やそこからほど近いビジネス街だったりすると月々数十万円の賃料に昇ることもあるでしょう。となると立ち上げてから間もない企業などにとってはその負担が大きなネックとなり最初から躓くリスクを負うことになります。
それではできるだけ安価で、なおかつ最高の立地条件のオフィスを確保するにはどうすればよいでしょうか。このような時の選択肢の一つとして頭の片隅に置いておきたいのがレンタルオフィスです。東京でもこれらのサービスが充実しており、今ひそかなブームとなっているのです。

低料金にて借り受けることができるので起業時も低負担で賄える

全国的にもその立地件数がうなぎのぼりで上昇中のレンタルオフィスですが、東京では特に主要駅の近くのエリア、あるいはビジネスエリアの最前線などでよく見られるようになってきています。その大きな特徴は部屋の形式やスペースが画一的ではなく、それぞれの社員数や必要なスペースなどによって自由に契約を結ぶことができるという点です。
さらに士業などを営む人が個人でこれらを借り受け、カウンセリングルームなどに使用しているケースも多く、通常ならばワンフロアを使用するところがそれを細かく分割したような形で貸与することから月々の支払額も極めて安価なもので事足りるのです。
これまでは憧れの大都市にて起業したくても賃料の関係上、なかなかそれが叶わないというジレンマがありましたが、この全く新たなオフィス形態を活用すれば新宿や渋谷、銀座、新橋、日本橋、品川などの日本の中心地でも、少ない投資金額にて果敢に打って出ることができるでしょう。

オフィス家具が備え付けで、会議室や代行サービスの利用も可能

全国的にも急増しているレンタルオフィスですが、東京はその中心地としてサービス内容も充実しています。まずはよく見られるように机や椅子、棚、などといった最低限のオフィス家具は備え付けになっているのと同時に、ネット回線や電話回線、ファックス、コピー、冷暖房、給湯設備なども備わっていますので、賃料以外に費用が要りません。
そのため入所して使い始めた瞬間から何もした準備や工事などが必要なく、すぐに本格的な業務をスタートできる喜びもあります。さらに場合によってはキャンペーンなどで敷金や礼金が低く設定されていたり、あるいはゼロというところもあるでしょう。
そして電話代行や秘書代行、会議室や個人作業スペースなどの様々な付加サービスをオプションとして活用することで少ない従業員数でも大いに業務をカバーしてもらうことが可能です。これらの空間で起業を始めることで大きな一歩を踏み始めることができるはずです。